ロゴリニューアルのお知らせ/新しいロゴについて

2020-01-07

認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワークは、2020年よりロゴをリニューアルいたします。

メインロゴ

サブロゴ(※主にグッズなどに使用)

新しいロゴの特徴と意味

①ゴールドリボン:小児がん支援と啓発のための世界共通シンボルマーク
②ネットワーク:人と人との「つながり」、「支援の輪」の広がり
③文字カラー:「温もり」「居心地の良さ」「安心」「基盤・土台」のイメージを持つとされる茶色
④自体、リボンの形:「元気」「力強く」「信頼」をイメージした太い文字と太いリボン
⑤デザイン:「共に」をイメージして、ゴールドリボンマークとゴールドリボンネットワーク(①②)の文字を一体化

新しいロゴに込めた私たちの想い

 私たちは、小児がんの子どもたちやその家族、医療関係者、そしてご支援してくださる全ての皆様の心を「つなげ」、皆様と「共に」、小児がんの子どもたちが、日々の生活に「温もり」「生きやすさ」を感じて「安心」して「力強く」「笑顔」で暮らせる社会(「基盤・土台」)を、創っていきます。

ロゴリニューアルの理由

 認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワークは、2008年の設立以来、ウォーキングや奨学金制度、研究助成、治療に関わる交通費助成など小児がんについての様々な支援・啓発活動を行って参りました。

 現在、ゴールドリボン運動の知名度は徐々に高まってきたものの、
  • 小児がんの子どもたちを取り巻く環境、小児がんの具体的な課題、あるいは小児がんの子どもたちの生きづらさへの理解
  • 必要な支援についての認知とアクション(行動)
はまだまだ十分とは言えない状況にあります。

 そこで、設立以来掲げてきた私たちの想い(『小児がんの子どもたちが安心して、笑顔で生活できる社会を創りたい』)をより具体的に表現したロゴへリニューアルいたします。
 この度のロゴリニューアルは、ゴールドリボン運動の知名度・認知度を一層高めることと、小児がんについてより多くの人々の関心・共感とアクションを呼び起こすことを目的として行います。

 引き続き、あたたかくご支援いただきますようよろしくお願い申しあげます。